Bluetoothマウス CAPCLIP

安くなっていたので、お出かけ用にBluetooth接続のワイヤレスマウスを購入しました。

なるべくかさばらないマウスを、と購入したのは、ELECOM CAPCLIPという、ちょっとかわったマウスです。

何が変わっているかといえば、何と言っても特徴的なそのカタチ。

おもちゃみたいな外観で、あまり使いやすいようには見えないんですが、案外そうでもないんです。

これが発売された当時、パソコンにつないで確認した訳ではないのですが、店頭で実物を触ったところ、意外にも使いやすそうなことに驚いたのを思い出します。

小さなマウスなので、大人の男の人だと手のひらでガッチリつかんで使うよりは、指先でつまんで使うことになりそうです。

形状が特殊なだけに長時間の使用はつかれるかも、という懸念があったものの、今回お手頃な金額だったので思わずポチッと・・。

今CAPCLIPを使いながらこれを書いてます。

使い勝手はもう少し使ってみないと何とも言えないので、まずは開封レビューをやってみます。

ポイント

・形状が特殊(本体とカバーを合体させて使用)
・持ち運ぶ時は超小型に
・Bluetooth
・充電式
・案外使いやすい

◇◆◇ 開封 ◇◆◇

今回ブルーを購入しましたが、ほかにピンクとホワイトがあります。
発売当初はイエローもあったのですが、今は製造されていないようです。

パッケージ


ホワイトとブルーでデザインされた外箱は紙製で一部に開口部があり、そこから透明のプラスチックでパッケ-ジされたマウス本体が見えるようになっているよくあるタイプ。
箱の背面が、本のように開閉できるようになっていて、そこにも製品の機能などが紹介されています。

内容物はマウスとUSBケーブル、取扱い説明書の3点のみで非常にシンプルです。

初めは持ち運び用の巾着袋などあってもいいのになーと思いましたが、考えてみれば本体の一部がケースになっていて、そこに本体を収納してしまうのでその必要はないかも。

本体の大部分は、濃いブルーの樹脂製で表面は光沢があり、後部がゴム製になっていて、ここにケース部分を取り付けると、通常のマウスとして使用できるようになります。

またケース部分は、ブルーがかった透明のプラスチックでできていて、片側にクリップが付いており、これがあることでマウスにちょうどいい角度がつくようになります

本体部分に戻りますが、マウスの前上面(表側)に左右クリックボタンがあり、その間にホイールとLEDランプがあります。
右クリックボタンには白文字で「CAPCLIP」「 mobile mouse」とプリントされています。

なお、LEDのそばに「BATTERY」と書かれたボタンのようなものがありますが、これはボタンに見えるだけでただの飾り。

本体下面(裏側)には電源スイッチと光学式センサーがあり、本体後ろ側にはゴム製カバーが付いていて、この中に充電用のmicroUSB端子とペアリング用のボタンがあります。

良いところ・残念なところ

このマウスの一番の売りは、やはり持ち運ぶときのコンパクトなサイズだと思います。

本体からケースを外し、本体の向きを逆にして前側からケースに納めると、コンパクトになりかさばらなくなるので、持ち運びには最適です。

またボタンやホイールなどをプラスチックケースに納めてしまうので、可動部分が保護され安心感があるので、かさばらない・保護されて安心、という部分はとてもいいのではないでしょうか。

ちなみに、そのサイズ感をコトバで説明するにも適当な例が思いつかないので、単三電池を並べた写真を載せておきます。

残念なのは、本体・カバー共に光沢がかっていて、指紋がつきやすいところ。

おそらくカバー部分は使っていくうちに細かいキズがついて光沢がとれるでしょうから、そのうちに気にならなくなるのではないかと思いますが。

しばらく使ってみてから、使い勝手などまた続きを書きたいと思います。
もしよければ、またのぞいてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする